Crative Server

Hiroki Tatsumi write creative thinking in the web industry. WEBディレクターが考えるクリエイティブな考え方やツールを紹介しております。

販促会議賞 2015 で2年連続 協賛企業賞を受賞しました!

販促会議賞 2015で2年連続 協賛企業賞を受賞しました。

 

2年連続で受賞できたことは非常に光栄なことだと感じております。

 

協賛企業賞を与えてくれたクレハ株式会社さん

 

どうもありがとうございました。

 

さて今回の課題では、前回とはちょっと違う考え方も取り入れてみました。

 

前回はストーリーであったりインサイト部分で考えていくオーソドックスなロジック

 

の組み立てでアイディアを考えていきましたが、今回は新しい技術をそれにどのように

 

絡めるかという考え方でアイディアを考えました。

 

オーソドックスなロジックでのアイディアの組み立ては非常に重要なのですが

 

どうしても面白いアイディアに結びつかない場合があります。

 

そのような場合は最新の新しい技術や考え方を取り入れてそちらから考えるというよう

 

に違う方向から考えていきます。

 

ただ、今回2つ反省点としてありました。

 

1つめがソーシャルグッドを考えれる課題であったにもかかわらず考えきれなかったということ

 

2つめがロジック部分に説明を割きすぎ、肝心のアイディアの具体が薄くなってしまっ

 

たこと

 

上記は本当に自分の中でもしまったと感じた部分でした。

 

ブランドが抱える課題をさらに次元を上にあげていき、世の中の課題まで昇華させ

 

解決方法をアイディアでトライする。さらにアイディアはより具体的に記載する

 

そのようなところに今後トライできればと思います。

 

企画書や受賞の結果は

 

販促会議企画コンペティション2015 | ファイナリスト発表

 

に記載してありますので、是非ご覧になってください。

 

この度の受賞を支えてくれた全ての人に感謝しております。

 

また今後ももっと良い世の中にインパクトあるキャンペーンを考えれるように頑張ります。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

嫌われる広告

最近では広告が溢れかえっており消費者(ターゲット)には特に嫌われております。
ターゲットではない人にとっては、関心も低くうっとうしく感じられているのが現状です。

なぜ広告がこんなに嫌われるようになったかを考えると、これまでは商品の方が少なく需要の方が多かったため
商品のアピールをしていれば売れる時代でした。

なので広告マンは商品の良い部分(アピールポイント)は何かを考え、商品の良い部分(アピールポイント)を告知すれば良いだけの時代でした。

今でもアピールポイントを伝えるという部分は間違っておりません。
ただこちらからアピールポイントばっかりをターゲットに押し付けても道端のキャッチと同じでうっとうしがられるだけでしょう。

じゃあどのように商品の良い部分をアピールし、ターゲットに消費につなげてもらうのが良いのでしょう。

まずそこで、あなたならどういったものなら欲しいと考えるでしょうか?

友達が使用していて勧められた時?
有名人が使用していて勧めている時?

上記のような場合が一番欲しいと考えることが多いでしょう。
じゃあ広告でどうやってその友達や有名人にアピールすればよいでしょうか

ユーザーの中でもオピニオンリーダーと呼ばれるいわゆる流行の中心にいるような最新情報に詳しい人が存在します。
ターゲット層の中のオピニオンリーダーを特にターゲットにし、オピニオンリーダーから広げてもらうのも1つの手です。

ただこれでは効果は出ますが、時間がかかり効果の量的には少なくなるでしょう。
なので、オピニオンリーダーに紹介してもらうような施策を打つ同時に、次の施策で波のように広めていく施策が良いでしょう。

まず概念として、広告は嫌われており普通はスルーすると思うこと
口コミをいかに発生させるかを考えること
口コミを発生させるにはオピニオンリーダーからアプローチし、次に大きな波を作ること
口コミをスムーズに発生させるしかけを考える

を念頭においておく必要があるでしょう。
上記を常に念頭においておき、PDCAをまわすことで何に効果があり、何に効果がないかを検証することができます。

1番の広告はマスメディアではなく友人なり知り合いであること
これはどんなメディアが今後発生してきても普遍的な話になります。

商品を知らないユーザーにはまずは、ターゲットを振り向かせる
商品を知っているユーザーにはさらに購入を促す

どの段階のキャンペーンかもかならず意識する必要があります。
次回はユーザーの属性によるキャンペーンの考え方を記載しようと思います。

 

デジタルキャンペーンを知ってもらえてますか?

今回はデジタルキャンペーン認知方法一覧を記載していこうと思います。
 
デジタルキャンペーンを実施する際に認知させなければ、
キャンペーンに参加人数が集まらない状況となります。
 
参加人数が集まらない場合はキャンペーンを行う際の効果も少なくなるでしょうし、クライアントと合意したKPIも未達成となります。
認知されないキャンペーンは費用だけがかかり、無駄になるでしょう。

ではデジタルキャンペーンを実施する際の告知方法はどのようなものがあるでしょうか?
 
アナログからデジタルのものまで、記載していこうと思います。
今後いろいろな認知方法が増えてくると思われますので、どんどん追加していきたいと思います。 
 
■アナログ


・販促物に記載し認知させる。
ー例えば、ティッシュやお試し品などがこれに当てはまります。
 
・商品に記載し認知させる。
ー商品上にキャンペーン告知を掲載する方法です。
 
・交通広告に記載し認知させる。
ートラックに表示するような広告、ビルの広告、電車内の広告、タクシー内外の広告、バスの内外の広告、駅の広告、空港の広告、商業施設の広告、飛行機内での広告などにキャンペーンを表示する方法です。
 
・新聞や雑誌、フリーペーパーなどにキャンペーン情報を記載し認知させる。
 
・ラジオなどの有線内でキャンペーン情報を告知し認知させる。
ーラジオや店頭で流す有線内でキャンペーンを掲載する。
 
・テレビ内でキャンペーンを告知し認知させる。
ー番組内やCMでキャンペーンを告知する。
 
・街頭でキャンペーンを告知し認知させる。
ー街頭キャンペーンを行い、キャンペーンへ誘導する。
 
・商品に沿ったサービス内でキャンペーンを告知し認知させる。
ーアロマオイルキャンペーンを認知させたい時にアロママッサージの店頭にてキャンペーンを告知するなどが当てはまります。
 
・スポーツに絡めて告知し認知させる。
スポーツ会場や、スポーツ選手のユニフォームなどにキャンペーンの内容を告知し認知させる。
 
・有名人や権威のある人に参加してもらい、記事に取り上げやすくし告知する。
ー有名人や権威のある人が参加することで色々なメディアに取り上げられやすくなります。
なので、取り上げられるように記事にする人も呼ぶと良いかもしれません。


■デジタル

 
SNS内で告知し認知させる。
facebook広告やLineスタンプなどいろいろなSNSで広告をうつことが可能です。
 
アフィリエイト広告で告知し認知させる。
アフィリエイトを利用したキャンペーンの告知を行います。
 
・リマーケティング広告
ー一度自社サイトに訪れた人向けにキャンペーン広告を表示
 
・リステング広告で告知し認知させる。
リスティング広告(キーワードにあわせて金額を入れ検索結果の上位に表示)を実施し、キャンペーンを認知させる。
 
・メルマガで告知し認知させる。

 

・自社サイト内で告知し認知させる。
ー自社サイト内にCMS等あれば認知させることが可能です。
 
・純広告で告知し認知させる。
ーサイト内で、バナー掲載を行いキャンペーンを告知する。
 
・プレスリリースを行い認知させる。
プレスリリースサイトを利用し、キャンペーンのプレスリリースを打ちキェンペーンを告知する。
 
・記事広告を利用し認知させる。
ー雑誌風の記事を記載してくれるサイトで雑誌のような感じでキャンペーンを告知させる。
 
・ブロガーとタイアップし、認知させる。
アメブロや、livedoorブログなどのブロガーとタイアップし、キャンペーン記事を記載してPRし告知させる。
 
youtubeなどのメディアでの広告を掲載し、認知させる。
 
Gmail広告でキャンペーンを告知し、認知させる。

・バズメディアと提携し、認知させる。


上記色々あげましたが、 一番の告知認知方法は口コミだと考えております。
アナログデジタルを組み合わせ、口コミが発生するようにうまく運用していくことが大切になります。

 

 

2014年 デジタルキャンペーン注目の技術


デジタルキャンペーンを考える上で、今後使って面白いことができそうな技術等を紹介致します。
常にソフトハード問わずアンテナを広げておき、キャンペーンでうまく利用できるようにしたいですね。

 

まずは、



1.GoPro

 

世界で最も多目的なカメラということで、地上の低い角度から空中からなど多彩な動画撮影が可能です。
キャンペーンの目的によっては面白くかっこいい動画を利用したキャンペーンが行えるでしょう。

 

人目線での動画など色々な角度の動画撮影が可能です。
今一番トライしてみたいと思える技術(ツール)です。



2.マルチコプター

multi05


















ヘリコプターを利用し空撮することが可能です。
ハイビジョン動画に加え高精細な写真撮影にも対応。ソーラーパネルの施工例や不動産PR、地域の観光素材を空からダイナミックに撮影することで、
写真だけでなく動画撮影も可能です。

 

非常に高い位置からの撮影や、ヘリを利用したキャンペーンなど色々な用途で使用できます。
例えば、キャンペーン用の広告などを掲載し、街で飛ばして宣伝する。やサービスの一貫としてヘリを利用するなど
色々な用途が考えられます。



3.iBeacon

 

今年必ず来るといって間違いないのがiBeaconを利用したキャンペーンでしょう。
消費者の距離に応じて、情報をスマホにプッシュ通知するというような仕組みです。

 

考え方によっては、広告だけでなくサービスでも利用できます。
ただ、Androidユーザーは利用できませんので注意が必要です。



4.フレキシブルディスプレイ

img_flexible_display











曲げることもできるフレキシブルなディスプレイです。
電車内の広告も、今後は薄いフレキシブルディスプレイが利用されると考えられております。
電車内広告をフレキシブルディスプレイを利用し、注目を集めることが可能になります。

 

使用用途は多数あり、車のボディや窓に使用することも可能ですので
広告メディアの幅が広がっていくでしょう。


5.ロボット広告

 

softbankがこのたびロボットのpepperを発表しました。
ロボットの最初の使い方として、街中でキャンペーンで利用できるのではと思います。
街中にロボットを配置し、商品の紹介やティッシュ配りなど人間が苦痛とするような広告での利用が考えられるでしょう。

 

あと2-3年以内には確実に広告の分野でも利用されると期待されています。


6.hue(ヒュー)

130928philips_hue














オランダの街で10万個の街灯をインターネット経由で操る。というような施策がphillipsと共同で行われました。
こちらはキャンペーンなのですが、インターネット経由で光の調節が可能なので、デジタルキャンペーンなどでビルに設置し
一定のタイミングで明かりをつけたりけしたりなどできそうです。

 

クリスマスのキャンペーンなどで利用できるのではないかと自分自身は考えております。


以上個人的にデジタルキャンペーンでの使用に期待しているものになります。
何か新しいものが出てきた際はアップデートします。



関連記事は

デジタルキャンペーン 2014年度の広告トレンド予想 - Crative Server

にもあげてます。 
どうか参照ください。