Crative Server

Hiroki Tatsumi write creative thinking in the web industry. WEBディレクターが考えるクリエイティブな考え方やツールを紹介しております。

ブランド価値を高めるブランディング手法とは1

まず初めにブランディングとは何かブランドとは何かを整理しましょう。

 

ブランドとは

自己の商品を他の商品と区別するために,自己の商品に使用する名称や標章。銘柄。商標。

特に優れた品質をもつとして知られている商品の名称や標章。

 

ブランディングとは

顧客や消費者にとって価値のあるブランドを構築するための活動。ブランドの特徴や競合する企業・製品との違いを明確に提示することで、

顧客や消費者の関心を高め、購買を促進することを目的とする。消費者との信頼関係を深めることで、

ブランドの訴求力が向上し、競合他社に対して優位に立つことができる。

 

要約すると、ブランドは優れた品質を持つものとして、他の商品と区別する為の名称であり

ブランディングとは、お客さんにとって優れた品質であることがわかり、価値を感じさせ違いを明確に提示することで

消費者っとの信頼関係を深めるものと解釈できます。

 

では、お客さんにとって優れた品質であり、価値を感じさせ違いを明確に提示し信頼関係を気づくためにはどういうようにしていけば良いでしょうか。

 

1.まずは自社や自分がどのような存在であるのかを自己分析します。

ブランディングとはまず自分(製品)がどのような存在であるかを明確にし、他の人もそれに共感できるようにすることである。

もしあなたがブランディングを貴重であると考えているならすぐには始めずに一旦下記の質問に応えてください。

 

1.現在のお客さんは誰ですか?

2.欲しいお客さんはどんな人ですか?

3.競合はどのような会社ですか?

4.競合のブランディングポジションはどのような感じですか?

5.どのような問題を解決できますか?

6.あなたの会社の最も重要な資産は?最もユニークなポイントは?

7.どのようなタイミングで商品や会社のことを考えますか?

8.組織の強みと弱みは何ですか?

9.ブランドを表す形容詞は何ですか?(色や、性質など)

10.会社の理念は何ですか?歴史はどのようなものですか?

 

上の10個の質問の回答が出ることによって、どのようなポジションで

どのような強みや弱みを活かし、理念や歴史をお客様に共有できるようになります。

では一度身近な例で実践してみましょう。

 

 

では、ショッピングで有名な楽天ブランディングしていきましょう。

(http://corp.rakuten.co.jp/)

 

※外から見た印象なので若干違いがあると思われます。

 

1.現在のお客さんは誰ですか?

成人から大人までの個人顧客

店舗を経営している法人顧客

 

2.欲しいお客さんはどんな人ですか?

普段Amazonのようなショッピングサイトで購入している個人顧客

店舗を経営しているが、ECショップを持ってなくECショップ展開を考えている法人顧客

 

3.競合はどのような会社ですか?

yahoo shopping,Amazon 

 

4.競合のブランディングポジションはどのような感じですか?

オンラインショッピングで世界No.1のポジションのAmazon,低価格出店が可能なyahoo shopping

 

5.どのような問題を解決できますか?

ECショップをすぐに開設できる。

ネット上での買い物を簡単にできる

 

6.あなたの会社の最も重要な資産は?最もユニークなポイントは?

金融も取り扱っている。

野球の球団を持ち、スポーツにも力を入れている

 

7.どのようなタイミングで商品や会社のことを考えますか?

個人顧客ー検索エンジンで商品を購入したい時に考える

法人顧客ーECショップを展開したい場合に考える

 

8.組織の強みと弱みは何ですか?

<強み>

ECショップ以外の幅広いノウハウを持っていること(http://corp.rakuten.co.jp/about/strength/business_model.html)

球団を持っていること

 

<弱み>

世界的にAmazonに遅れをとっていること

店舗登録料が高いイメージがあること

不正価格表示のイメージがあること

 

9.ブランドを表す形容詞は何ですか?(色や、性質など)

赤、固い、かっこよくない、国内ECでNo.1のポジション

 

10.会社の理念は何ですか?歴史はどのようなものですか?

<理念>

http://corp.rakuten.co.jp/about/philosophy/

インターネット・サービスを通じて、

人々と社会を“エンパワーメント”する

 

<歴史>

http://corp.rakuten.co.jp/about/history.html

ネットとリアルの融合ビジネスへの転換など

 

 

上記のように色々浮かび上がってきます。

では次の章では、浮かび上がってきた内容を元にブランディング化を行います。