Crative Server

Hiroki Tatsumi write creative thinking in the web industry. WEBディレクターが考えるクリエイティブな考え方やツールを紹介しております。

成功するデジタルキャンペーンと失敗するデジタルキャンペーンの違い


成功するデジタルキャンペーンと失敗するデジタルキャンペーンの違いはどこにあるのでしょうか。

ここを注意しておけばもっとキャンペーンの成果が上がった。
もっと成果の上がるキャンペーンを実施したい。
そもそも、成果の上がるキャンペーンとは何なのか。

他の記事でデジタルキャンペーンの考え方という記事を書きましたのでそれも参考にしてください。


デジタルキャンペーンを考える上で以下の事に注意して設計すれば良いでしょう。

 

【成功要因】

 

・キャンペーンを行う目的がはっきりしている。
・ターゲットのことを深くリサーチできている。(ユーザーのペルソナ等)
・ターゲットへのデザイントンマナがはっきりしている。
・ターゲットのコンタクトポイントを洗い出し、どこに資源を集中すべきかがはっきりしている。
・ターゲットユーザーの予想を超えるようなキャンペーンを展開できている
・商品などのアピールポイントや特性をしっかり捉えられている。
・商品などのブランドイメージを損なわないようなトンマナが保たれている。
・キャンペーンのKPIを細かく設定でき、PDCAがまわせるようにできている。
・商品や会社の強みや弱みをはっきり認識できている。
・キャンペーン結果を計測する体制や仕組みができている。
・キャンペーンに納得感が存在する。
・キャンペーンが時流にのっている。
・ターゲットの口コミを誘発できる。

 

【失敗要因】

 

・キャンペーンを行う目的がはっきりしていない。
・ターゲットがあやふやで定義できていない。
・ターゲットへのデザイントンマナがあっていない。
・ターゲットへのコンタクトポイントがずれている。または、資源の集中箇所がずれている。
・ターゲットユーザーの予想を超えていない為、共有されない。
・商品のアピールポイントがつかめていない
・商品などのブランドイメージを損なわないようなトンマナが確立されていない。
・商品などのブランドイメージを損なわないようなトンマナが保たれている。
・キャンペーンのKPIを細かく設定できておらず、PDCAがまわせるようにできていない。
・商品や会社の強みや弱みをはっきり認識できていない。
・キャンペーン結果を計測する体制や仕組みができている。
・キャンペーンに納得感が存在する。
・キャンペーンが時流にのっていない。
・ターゲットの口コミを誘発できない。

 

上記を踏まえてみてみますと、孫子の兵法に似ていることがわかります。
孫子の兵法で有名な名言「彼を知り己を知れば、百戦して殆うからず」で

 

ターゲットと、商品(会社)をのことを有益な情報を多く収集し、分析することで
必ずアピールすることができるということです。

 

兵法にも通じるところですが、奇襲というのもキャンペーンに置き換えると
PCサイトでも広告が現れ、ラジオでも突然広告を耳にし、消費者の口コミでも耳にする
というような四方八方からターゲットへアプローチするような方法が良いと考えます。

 

このサイトでも紹介されているし、あの人も言ってるし、それなら商品を買ってみようという感じです。
デジタルキャンペーンならではの効果測定ができるのでPDCAを早くまわすということが重要になります。