Crative Server

Hiroki Tatsumi write creative thinking in the web industry. WEBディレクターが考えるクリエイティブな考え方やツールを紹介しております。

デジタルキャンペーンやデジタルマーケティングの効果的な提案方法

 

提案内容を提案したいけれどもどうすれば分からない、客観的なデータを元に提案したいがやり方が分からない
というような方が多いと思います。

クライアントからのコンペ依頼やデジタルキャンペーン依頼などあるとは思いますが
まず何から始めるのが良いでしょうか。

私がやっているステップを記載できればと思います。
デジタルキャンペーンの依頼があった場合にまず何の目的でやるのかをフレームワークで確認します。

企業なので最終的な目的は商品が売れて、会社として成長する為にキャンペーンを実施します。
まず以下の両方の視点から考えます。


■店舗での売り上げ

・売上 = 訪問数 × コンバージョン率 × 平均客単価

 

訪問者数が少ないのであれば、企業や商品の認知度を上げるような施策や訪問数を増やすようなキャンペーンを考える。
コンバージョン率が低いのであれば、コンバージョン率を上げるようなイメージ作りや施策を考える。
平均客単価が低いのであれば、マーケティングチームと平均単価を上げる施策を考え、平均単価が上がるようなメリットをキャンペーンで訴求します。


■サイトからの売り上げ

・売上 = 訪問数 × コンバージョン率 × 平均客単価

 

サイトへの訪問者数が少ない場合は、1.自然検索/2.有料検索(バナー)/3.リファラー/4.ダイレクト/5.ソーシャル/6.その他に分けて、
どの対策を行うのかを具体的な数値を上げて提案します。

たとえば、自然検索を上げる必要があるのであればSEO対策、リスティング広告のように費用をかけてサイトへの流入を増やします。
キャンペーンの場合は認知度を上記の訪問者数向上の6つの施策に繋がるようなキャンペーンを提案する必要があります。

コンバージョン率が低い場合は詳細にサイトのどの部分で離脱が発生しているのか、コンバージョンに至らない原因を究明します。
キャンペーンでターゲットに対して、商品の良い点が伝わってないので伝えるようなキャンペーンも考えることができます。

平均客単価が低い場合は、セット購入で割引キャンペーンやクーポンキャンペーンなど平均単価を上げるような施策を考えることになります
このようにまずどこに現状の問題点があり、キャンペーンやマーケティングを行うにあたってどの部分に影響を与える必要があるのかを明確にする必要があります。

現状の問題点がはっきりしない状況でキャンペーンを行っても効果がでなかったりずれてしまう恐れがあります。
具体的な数値目標を上げることをKPIと言いますが、

いつまでに売上に関わるどの部分をどのように改善し、数値を上げるかを提案に含めた方が説得力は増すでしょう。

たとえば、

現在ECサイトや店舗への訪問者数がそもそも少ないので認知度を上げる必要があるという問題がわかったとします。
まずはECサイトにて2.有料検索のリスティング広告やバナー広告、5.のソーシャルで発信しましょう。また
4.ダイレクトのユーザーを増やす為に街頭キャンペーンを行う(アナログでも認知度を上げる施策)。などアナログとデジタルでキェンペーンを提案します。

このようにまず、どこに問題があるのかをはっきりさせることが重要です。
やみくもな判断ではなく

 

・売上 = 訪問数 × コンバージョン率 × 平均客単価
・訪問者数ー1.自然検索/2.有検索(バナー)/3.リファラー/4.ダイレクト/5.ソーシャル/6.その他

 

上記のフレームワークに考え整理し、分かりやすく提案することが重要になってくるでしょう。